レンタル用シェア用電動アシスト自転車ご提供。
レンタル用シェア用電動アシスト自転車ご提供。

イニシャルコスト・ランニングコストを抑えたい。 レンタル自転車・シェア用自転車は品質・コスト・仕様の重要要素で決まります。
レンタル・シェア自転車の事業者様がシステム・プランニングを手掛けていくうえで、コストの問題が頭を悩ませてしまう場合があります。 大手メーカーでは難しいコスト対応・カスタマイズ対応も、小さな企業ならではの軽快なフットワークでご要望にお応えいたします。 またアイジュではシステム規模の大きさに関わらず、数台からの小ロット対応も致します。
事業用だから品質保証のある自転車が欲しい。
電動自転車をベース車両としてご使用される場合、型式認定の取得は必須になります。
アイジュでは現時点で6車種の電動アシスト自転車の型式認定、2種類のBAAマークの取得をしており、安全で品質の高い自転車をご提供できるように努めています。
今回開発設計をしたレンタル・シェアバイク用電動アシスト自転車も型式認定の取得を致します。
ご使用条件・環境に合わせて、仕様を選びたい。
例えばレンタル自転車でも、観光用の場合もあれば通勤用の場合もあります。ご使用される走行距離も変わってきますのでバッテリー容量も同じという訳にはいきません。
また、坂道が多いエリアでのご利用、駐輪が野外の場合など、ご使用環境も様々です。
そのようなご使用条件、ご使用環境に合わせて仕様を選択していただいて、用途にあった電動アシスト自転車をご提供することが出来ます。
ノーパンクタイヤ仕様であれば、防災用の自転車としても活用出来ます。
通常はレンタル用シェア用の電動アシスト自転車としてご利用をして頂きながら、災害時には防災用の自転車として、ご活用できます。
ノーパンクタイヤ仕様であれば通常では走行の出来ない荒地や瓦礫などの悪路も走行が出来ます。
また電動アシスト自転車なので、付属のバッテリーを緊急用バッテリーとしてご使用することも可能です。
シェア用自転車やレンタル用電動自転車の問合せ
アイジュの電動アシスト自転車について 型式認定取得・OEM供給 お問い合わせ先